はるさわ健康ライフ

上海駐駐在員の健康事情③ 肥満症その1

爽やかな秋風の昨今ですね。食欲も回復し、仕事の終わりに「どこかで一杯やるか!」の気分になっていませんか。そんな皆様に耳の痛い話を続けさせていただきます。以前記したように、駐在員の肥満症の発生率が30%も占めていますので、呑む前に少々注意をして下さい。

「私は水だけ飲んでも太るよ」と言う方が多いのですが、一日の食べ物を記録して分析すると実は、太っている人はどこかでエネルギーを多めに摂取しています。

肥満症の某社長は、高血圧、心血管病などにかかっています。食事の量を伺うと「注意していますよ、あまり食べていないよ」と。更に「今朝は何を食べましたか?」と伺うと、ニコッと笑って、「小龍包8個」と。なるほど!その肉と油の量から概算で少なくとも800Kカロリーはあるでしょう。普通の成人男性一日のカロリーの目安は1800Kですが、朝だけで800Kも使ったら、残り、昼・夕の食事はカレーライス1杯とラーメン1杯だけでもオーバーしてしまいます。ましてや、肥満症者のカロリー限度は一日1600Kカロリーですよ!

エネルギーは、80Kカロリーを一単位として計算します。80Kカロリーの目安は6枚切り食パンの1枚の半分、ご飯50g(茶碗半分)、牛乳120ml、マヨネーズ大匙1杯。この為野菜サラダを注文したら極力マヨネーズを避けて、和風ドレッシングやオリーブ油にした方が健康的です。皆様お好きなビールは500ml中ジョッキ1杯も日本酒1合も200Kカロリー、この計算ですと晩酌したら、ご飯を食べる必要がありません。

皆様が食べる外食のエネルギーも記しましょう。 (単位はKカロリー)
カレーライス:560~720、ラーメン:400~560、親子丼:560~640、ハンバーガー:320~400、ざるそば:320前後。せんべい2枚:50、あんみつ:200。コーラとオレンジジュースは同じ80、最も軽いのがお茶類でほぼ0。

肥満症解消のコツは3つ、

  1. 最後の一口を残すこと。毎日のご飯などの主食を少し控えること。
  2. お酒後のソーメンやおにぎりを止めること。
  3. 最も重要なことは毎日体重を測り記録すること。そうすれば自然に自制し健康な生活習慣が身につき、体重は必ず減りますよ。

諦めずに続けましょう。

▲ページの先頭に戻る